Top / スキル解説
HTML convert time: 0.033 sec.

スキル解説

Last-modified: 2013-10-18 (金) 15:01:15

現在製作中

物理攻撃スキル

  • 必中スキル以外の命中率はスキル補正以外に自妖精の力と敵の素早さに依存する。

    スキル名SP(LvMAX)スキル解説
    パワーエッジ(単)10 (6)単体攻撃で高い命中上昇補正がある。
    通常攻撃より強く、低燃費で扱い易い。
    パワーエッジ(列)30 (18)列攻撃で命中低下補正がある。
    超格下相手に使う低燃費列攻撃スキル。
    パワーエッジ(全)50 ()物理攻撃で数少ない全体攻撃の一つ。
    雑魚散らしには良いがフレアには大きく劣る。
    イベント時以外はLvUP素材が手に入らない。
    ハードアタック(単)12 (7)単体攻撃で命中低下補正がある。
    威力の割に命中率低下が大きく扱いにくい。
    ダブルソード(単)40 (26)高威力の単体攻撃。
    ボスや強敵相手への主力となる。
    非常に燃費は悪い。
    早期のLvUP推奨
    ダブルソードⅡ(単) (34)ダブルソードの上位、単体最強スキル。
    威力が高いが消費SPもその分多い。
    LvUP素材が手に入りにくい。
    フレイムソード(単)20 (12)単体攻撃。
    威力と消費のバランスが良く使いやすい。
    フレソ系の共通事項として威力は力に依存だが、
    クリティカル判定が魔法スキルと同じらしく、低精神の相手にクリティカルしやすい。
    フレイムソード+(単) (16)フレイムソードの上位。
    同じく威力とバランスが良いスキル。
    LVUP素材は手に入りにくい。
    フレイムソードⅡ(列)42 (26)列攻撃になったフレイムソードの上位。
    高威力の列攻撃として非常に優秀。
    イベント時以外ではLvUP素材が手に入らない。
    シャインソード(列) (36)必中効果の有る列攻撃。
    安定性と威力は有るが燃費が悪い
    早期のLvUP推奨
    シャインソードⅡ(列)72 (48)シャインソードの上位。
    更に燃費が悪くなっている。
    LvUP素材が殆ど手に入らない。
    シャインソード(全)96 (64)必中効果の有る全体攻撃。
    燃費が非常に悪い。
    イベント時以外ではLvUP素材が手に入らない。

魔法攻撃スキル

  • 魔法攻撃スキルは全て必中
  • 知恵属性妖精はレアランクに応じたボーナスが発生する。
  • 消費SP UR:-50% SSR:-30% SR:-10% R:-10%(厳密には各スキル毎に多少異なります。)
  • 攻撃回数(フレイム系・フレア系) UR:+2回 SSR:+1回 SR:+1回
  • 現在アラハバキのレアランクはSSRだがURと同等の補正を受けている。

    スキル名消費SP(LvMAX)スキル解説
    ファイアⅠ(単) (1)単体の魔法攻撃
    魔法攻撃は必中であり、どんなに高Lvの塔ボスに対しても有効である。
    ファイアⅠⅡⅢはレベル上げも容易な部類で低燃費。
    ファイアⅣは覚える妖精が限られる為レベルアップも困難。
    ファイアⅡ(単)5 (2)
    ファイアⅡ+(単) ()
    ファイアⅢ(単)10 (5)
    ファイアⅣ(単) ()
    フレイムⅠ(列) ()列対象(最大3体)の魔法攻撃
    ⅠⅡはLvMaxでかなり低燃費になり、
    上級ダンジョンまでの範囲攻撃の主軸となる。
    Ⅲは消費が大きいものの、超級以上のダンジョンで活躍する。
    フレイムⅡ(列) (23)
    フレイムⅡ+(列) ()
    フレイムⅡ改(列) ()
    フレイムⅢ(列) (31)
    フレアⅠ(全) ()全体への魔法攻撃、単体・列攻撃スキルでは届かない3列目も攻撃可能。
    SP消費が激しく、常用するには重すぎるスキル。
    知恵SR以上の妖精、特に知恵URの場合は実用的なスキルになる。
    消費SPと威力バランスはⅡが最も高く続いてⅠとなる。
    ⅠⅡはLvUP素材が無課金でも手に入る。Ⅲはイベント時以外では手に入らない。
    フレアⅡ(全) ()
    フレアⅢ(全) ()

回復スキル

  • 回復スキルは、ステータスに関係なくスキルのLvに依存する固定量を回復する。

    スキル名消費SP(LvMAX)スキル解説
    キュアⅠ(単) ()単体回復100(Lv1)~200(LvMax)
    回復量が少ないので、中盤以降は追いつかないことも。
    キュアⅡ(単) (15)単体回復300(Lv1)~610(LvMax)
    まだ回復量は少ないほうだが、LvMaxにすれば実用性が出てくる。
    キュアⅡ(単)+ (15)単体回復400(Lv1)~810(LvMax)
    回復量はそれなりだが、レベルを上げにくいのがネック。
    キュアⅡ改(単) (22)単体回復900(Lv1)~1830(LvMax)
    キュアⅢまでとは行かずとも、前線維持に役に立つ。
    LvMaxに出来れば、回復量・燃費ともに申し分ない。
    キュアⅢ(単)48 (31)レベルに関係なく単体回復9999
    スキルレベルで変わるのは消費SPのみ。
    事実上全回復なので、高レベルダンジョンや塔ボスの要となる。
    ヒーリングⅠ(全) ()全体回復80(Lv1)~
    回復量が少なく燃費も悪いので使われることは少ない。
    ヒーリングⅡ(全) (47)全体回復240(Lv1)~480(LvMax)
    ヒーリングⅡ改(全) (62)全体回復680(Lv1)~1420(LvMAX)
    Lv1から実用的ではあるが、消費SPが高く、乱用はできない。
    LvMaxにできれば、非常に有用なスキルとなる。
    ヒーリングⅢ(全)144 (94)レベルに関係なく全体回復9999
    消費SPは膨大だが、致命的な戦局からリカバリーできるスキル。
    フレアを使ってくるボスに対しては用意しておきたい。
    ヒーリングⅢ+(全)?88 ()レベルに関係なく全体回復9999
    消費SPが少なく、致命的な戦局からリカバリーできるスキル。
    フレアを使ってくるボスに対しては用意しておきたい。

補助スキル

能力低下スキル

状態異常・状態回復スキル

ダンジョンスキル

  • PTに入れているだけで発動するスキル。

    スキル名スキル解説
    敵遭遇率+元々設定されているダンジョンの敵遭遇率に%分+する。
    効果は重複する。
    敵遭遇率-元々設定されているダンジョンの敵遭遇率から%分-する。
    効果は重複するが、ランダムエンカウント無効は-100%扱い(無効持ちと遭遇+15%もちを合わせると、表記は-85%)となる。
    ダメージ床-ダメージ床からのダメージを%分カットする。効果は重複する。
    攻撃被命中率-元の攻撃被命中率から%分低下させる。効果は重複する。
    鍵取得率+元の鍵取得率に%分加算する。効果は重複する。
    錬石取得率+元の錬石取得率に%分加算する。効果は重複する。
    マップ可視範囲拡大マッピングされる範囲を1マス拡大する。

リーダースキル

  • リーダーに設定した妖精、もしくはゲスト妖精で効果を発揮するスキル。
  • スキル名は<対象>:<増加量><効果名> の法則で名づけられる。効果は二つ付いていることもある。
    • 例:味知:超魔力増(味方の知恵妖精の魔力が大きく増加する)
  • 増加量は 激>超>無印?(要検証)

    対象増加量スキル名スキル解説
    味力
    味速
    味命
    味知
    味全
    (無印)



    剛力味方対象:力増加
    魔力増
    駿身味方対象:素早さ増加
    硬化
    幸運味方対象:運増加
    バリア
    敵力
    敵速
    敵命
    敵知
    敵全
    (無印)



    力減敵対象:力減少
    魔力減
    鈍重化敵対象:素早さ減少
    軟化
    不運敵対象:運減少
    鎧破壊
    開幕フレア1戦闘ごとに確率で発動する。
    戦闘開始直後、先制でターンを消費せずに消費MP0のフレアⅠを発動する。